ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

ドイツのクリスマスお菓子パン「シュトレン」とは?

   

クリスマスに近づいてくると、ドイツではもう1ヵ月前からお菓子、パンを作る、
準備を始めます。
しかし、いろいろなお菓子、パンがあるんですね。
その中でも特にクリスマス用のお菓子、パンがあるんです。

今回はそのなかの一つの「シュトレン」についてお伝えします。

スポンサードリンク

「シュトレン」とは?

kurisumasu1

「クリスマスにシュトレンがないなんて信じられない!」
このように言われています。

これほどまでにクリスマスにはシュトレンは大切なお菓子なんです。

ドイツでいうとクリスマスツリーがないクリスマスと一緒のようで、それほどクリスマスにとっては
大切なお菓子なんです。

おもちのないお正月と一緒なんですね。

スポンサードリンク

このシュトレンのレシピは時代から時代へと、受け継がれてきました。
シュトレンはドイツの伝統的なクリスマスのお菓子としては多分、いちばん古いお菓子
ではないかと言われています。

スポンサードリンク

すでに、1329年からシュトレンが存在しているんです。

このシュトレンの匂いがすると、ドイツ人はもうすぐクリスマスだなと感じるそうです。

シュトレンを作るにあたってはどのレシピが良いのかというものがなく、
数えきれないほどのレシピがあるんです。

その中でも特にドイツで有名なのがシュトレンの発祥地であるザクセン州のドレースデンのシュトレンなんです。

キリストシュトレン、クリスマスシュトレンとも呼ばれています。

       伝統的なドレースデンのキリストシュトレン

ドレースデンでは、12月の第1土曜日に大きなシュトレンがパレードするお祭りが行われています。

その作り方はとてもシンプルで、マージパン、アーモンド、レーズンを入れて焼くだけなんです。
しかし、これが本当の作り方というものではなく、家庭によって作り方がいろいろと違うんです。

いちばん良いのは、家庭に合った作り方をすれば、一番良いのではないかと言われて
います。ようするに、これがシュトレンの作り方だというのがないのです。

※ シュトレンは大きく作れば作るほどジューシーらしいですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - ドイツのクリスマス ,