ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

ドイツ音楽留学について

   

beethoven

クラッシック音楽と言えばどうしてもドイツになってしまうんではないですか。

偉大なる作曲家を世に送り出してきました。

日本にもかなりのクラッシックファンがいますね。

ベートーベンなどは子供でも知っていますから、ドイツの音楽というのは

誰からも愛されている証拠ですね。

今回は音楽留学についてお伝えします。

スポンサードリンク

ドイツ音楽留学について

ドイツで音楽留学することは非常に音楽家を目指す人にとっては有意義なものになるに違いありません。

日本でも多くの音楽家がドイツに音楽留学をしています。

偉大な音楽家が生まれ育った地で生活することはあなたにとって非常に良い刺激となることと思います。

ヨーロッパはクラシック発祥の地であり、今なお、現代に至るまでその生活に溶け込んでおり人々の心を癒し続けているのです。

bach

海外での生活というともちろん困難を極めます。

文化の違いから言葉の壁、様々ですが、それを乗り切った時心の大きな糧となること間違いないでしょう。

さて、音楽留学の時期というものはおよそ高校を卒業もしくは大学を卒業、あるいは音楽大学を休学して行うというのが現在、通例であるようですね。

スポンサードリンク

現在師事している先生はもちろん、現地で自分が師事する先生とよく相談したうえで、音楽留学の話はまとめて行った方が良いでしょう。

スポンサードリンク

さらに、もし、ドイツで師事したい先生が決まっているのであれば、事前にアプローチしておくことで音楽留学をよりスムーズなものにすることが可能です。

音楽留学に備えた受験対策はもちろんですが、ドイツでの円滑なコミュニケーションが取れるように万全の準備をしておく必要があります。

onngaku

例えば、ドイツ語を少しでも話せるようにしておくと、生活においても便利なので、時間がある限りドイツ留学する前にドイツ語の勉強をしてください。

合わせて、少しでも音楽留学の費用負担を軽減するためにも、奨学金制度や特待生制度に関する情報は耳を研ぎすまして敏感に情報収集をしておくと良いです。

海外生活において必要な保険各種、クレジットカードの取得、パスポートの管理など、すべきことはたくさんあるのです。

また、海外の大学事情についても知識を持っておくべきです。 当然、ドイツと言わずに海外の音大にもレベルや特徴が異なるものです。

日本よりも入学はしやすいけれども卒業が大変であるというのがドイツの大学の傾向なんです。

入学後も理想を高く持って、常に成功した自分をイメージしつつ、留学生活に臨むと良いと思います。

ドイツには音楽大学、音楽専門学校などたくさんの学校があります。

どこで何を学ぶのかあらかじめ情報を確保したほうが、スムーズに入学できると思います。

ドイツの国立、公立の学校は費用がとても安いので、学生の特権を十分生かすことができます。

音楽留学で様々なことを吸収して、将来偉大な音楽家の一員として世界に名をはせるように、ひたすらがんばりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 音楽留学 ,