ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

ドイツのワーキングホリデーとビザ申請について

   

deutschefrau8

ワーキングホリデーを利用してドイツで働いてみてはどうですか。
楽しい経験になると同時に、一生の思い出に残ると思います。

働くと言ってもドイツは時間ピッタリに仕事は終わりますよ!
日本のようにダラダラしてません!

ビックリしますよ。

残業なんてありえないです。

一度経験してみてください。

今回はドイツのワーキングほりでーについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ドイツのワーキングホリデーとビザ申請について

doituflagge1

ワーキングホリデー・ビザ制度は日独両国の合意に基づくもので、日本の若い人たちにドイツの文化や日々の暮
らしに触れる機会を提供するためのものなんです。

ドイツのワーキングホリデーは2000年12月より実施されているんです。年間約500人の人達が参加しています。

滞在可能な期間は3ヵ月以上1年以内で、最長365日、ドイツのいろいろな職場で働くことができます。

ドイツのワーキングホリデービザについては他のワーキングホリデー国とはちょっと異なり、人数が設定されてい
ないんです。

申請書類の条件をクリアすれば誰でもビザを発給してもらえますので、ドイツはヨーロッパの国の中では
ワーキングホリデービザの取得が比較的取得が簡単な国だと思います。

一昔前だったら信じられませんよ!

日本人がドイツ人と結婚していても長い期間のビザを取るのに大変だったんです。

スポンサードリンク

【ドイツのワーキングホリデービザを申請可能な方】

● 日本国籍の方

スポンサードリンク

● 18歳以上で、申請時に31歳に達していない方

● 親族が同行しない

【申請場所】

taisikann1

世界各国のドイツ大使館、総領事館で申請することができます

【申請方法と必要書類】

● 申請手続きは本人しか認めていません

【必要書類】

● 記入済みのワーキングホリデービザ申請書

● パスポート用写真(35×45mm)正面撮影 1枚

● 日本国パスポート(有効期限があるもの)

● 往復航空券の予約証明書

● ドイツ滞在中の旅行者用医療保険及び旅行賠償責任保険

※医療保険は歯科の治療にも適用され、女性の場合は妊娠時にも適用される保険に加入していることを証明できるもの 

● 生活費支払能力の証明書

● 預金通帳、通帳のコピーまたは 銀行の残高証明書(最低2000ユーロ)

以上、申請すればほとんど受け入れられます。

ドイツ行きを決心したならばすぐ行動を起こしてみてはどうですか。

※ ドイツは他のヨーロッパと違って日本人には働き口がたくさんあると思います。
  日本の会社もたくさんありますし、現地のドイツの職場で働いても良い経験になると思いますね。

逆にドイツのマイスターから職人技術を学んでみても良いですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - ドイツワーキングホリデー ,