ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

運営者情報

<運営者情報>

6deutsch
886aki63@gmail.com

こんにちは、6deutschと申します。
当サイトに御訪問頂きありがとうございます。

これから私自身についてお伝えしたいと思います。もう、オジサン世代になってしまいました。
なぜ、ドイツの事について書いているのかというのは、ドイツ語、またドイツに関わりが長かったんです。

まず、人生の最初に出くわしたのが、中学生の時でした。中学生というと英語を始めますよね。
しかし、私の学校では英語の代わりにドイツ語だったんです。これが私の人生のドイツとの始まりでした。

この時はまだ12歳で子供でしたので、ドイツが好きとか嫌いとかの判断はつきませんでした。どちらかというとアメリカが好きでした。

学校でドイツ語の勉強をし、高校に進学し第二外国語で英語も勉強しました。
しかし、何年学校の授業でドイツ語を勉強しても、難しく、解らなく嫌になってしまった時期がありました。それが高校2年生の時でした。

本当にこの時期はドイツ語の授業が嫌で嫌で、たまりませんでしたね。(笑)ちょうど、反抗期も重なっていました。
そして、ドイツ語の授業の時(高校2年)に私は密かに決心をしたんです。将来、ドイツに行くと。

大学の入試のときは英語の代わりにドイツ語で受けました。
大学に入りドイツ語の授業というのは、逆に退屈でした。なぜなら、ほとんどの学生が一からドイツ語を学びますが、私の場合は、中学1年の時に学んでしまっていたんです。

それでも、ドイツ語の授業は嫌いでしたね。

23歳の時に単身ドイツいきました。この時ばかりは勇気がいりましたね。なぜなら、知っている人が一人もいないからです。
言葉も話せません。なるようになるという感じでした。今思うとよく行動したなと、感心してます。

ある時一人のドイツ人と知り合い、その人が学生寮に案内してくれました。有難いことにゲストルームが空いていて、入ることが出来ました。ここからが私のドイツ生活の始まりなんです。

ゲストルームは長くは滞在できなく、いつかは出て行かなければならないので、長く住めるように申請をしました。
何人かの学生が手助けをしてくれたおかげで、正規として住めるようになりました。

そして、その後はドイツ人女性と知り合い、結婚をしてドイツで家庭を築きました。子供も生まれ、仕事にも恵まれ、充実したドイツ生活を送りました。

ドイツ語の方も嫌にならなくなりました。(笑)

子供がドイツの小学校4年で卒業してから、日本に戻りました。(ドイツの小学校は4年で卒業です)
ドイツに行ったことに対して後悔は一つもないです。逆に行って良かったと今でも思っています。

私の人生の1ページを作ってくれました。不思議な事に今でも何十年も前のドイツでの夢をみるんです。
出てくる人物は友人達ですね。夢の中で話している言葉もドイツ語なんです。

もし、ドイツに行こうかどうか迷っているのであれば、ぜひ行ってください。
いろいろな経験をすると思います。その経験が今後のあなたの人生にプラスになると思います。

長々書きましたが、今後とも宜しくお願い致します。

公開日:
最終更新日:2016/05/13