ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

ドイツ人女性に代々受け継がれるドイツ料理は ?

   

deutschesessen2

食べ物というのは、その国で代々受け継がれていく料理があるんですね。
日本でもありますよね。

ようするに、その国になくてはならない料理です。

日本の場合は特に難しいです。
なぜなら、四季というのがあり、季節によって受け継がれていく
料理というのがあるんですから、大変です。

ドイツもそうですが、ヨーロッパははっきりした四季がないんですね。

ところでドイツではどういった料理が受け継がれていくのでしょうか。

今回はその料理についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

[ドイツ人とドイツ人女性に代々受け継がれるドイツ料理は ?]

baumkuchen バウムクーヘン

ドイツ料理といえば、フランクフルトはウィンナー、サウアークラウトを
思い浮かべる方が少なくないと思います。

又、バウムクーヘンも有名ですよね。日本の至る所で買えますから。

知ってましたか。 バウムって樹という意味で、クーヘンはケーキという意味で、
バウムクーヘンを見ると樹の年輪のように見えませんか。

ドイツ人が実際に毎日食べているドイツ料理って、どんなものなのか想像できますか。

ドイツの料理のメインは、肉が中心です。豚が主役になることが多く、牛肉、仔牛なども、
ドイツ人女性たちの間で伝統料理として受け継がれています。

ドイツの冬はとても寒い日が長く厳しいため、肉を加工した、ハムやソーセージの種類がとても多いんです。
一日一度は必ずソーセージを食べる、と言っても過言ではないですね。

deutschesessen3

スポンサードリンク
スポンサードリンク

肉料理に付け合わせる、サウアークラウトも、保存食であるハムやソーセージと同じく保存食で、
合理的なドイツ人らしい、生活の知恵と言えます。

近ごろ日本でも人気のドイツパンも、彼らの食生活を語る上で欠かせないものですね。
日本でもデパートのパン売り場には必ずドイツパンが売られてますね。

doitupan1 ドイツのパン屋さん

ライ麦を使った、黒パンは、酸味のある食味が特徴で、ロッゲンブロートと呼ばれています。
ソーセージ、パン、サウアークラウトなど、シンプルな食生活だと思われがちなドイツ人の食生活ですが、

その地方によって様々な食生活を営んでいます。

私自身はゾンネンブルーメンブロート、ひまわりパンが大好きです。
ゾンネンブルーメンはひまわりという意味です。

sonnenblumenn ゾンネンブルーメン

ドイツの食生活は、朝食と夕食は暖かい食事を食べない習慣となっていて、
暖かい料理は、昼食で食べることが多いのですが、
それも生活習慣の変化によって、今は食事の習慣も変わってきています。

しかし、何か料理して作る食事は一日に一度の事が多いのが、ドイツの食生活の特徴なんです。
海の近くでは、魚介が豊富なため、シーフードをふんだんに使ったもの、
また、農産物の豊富な中部は小麦が豊富にとれる為、パスタが人気というように、

地方、地方によってかなり変化に富んだ食生活がみられんです。

[ドイツ人はやはりジャガイモがメイン?]

ドイツ人のよく食べているイメージの食材で、有名なのは、やはりジャガイモではないですか。

肉料理の付け合わせやスープなどのイメージがありますが、塩をかけただけで食べたり、
パスタに練りこんだり、デザートに使ったりと、大人気のなくてはならない食材です。

デザートにジャガイモ、と少し不思議ですが、ドイツではとても親しまれている料理なんです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - ドイツ料理 ,