ドイツ情報豆知識サイト

ドイツに関する様々な情報を自分自身の体験もふまえてお伝えしていきます

*

ワーキングホリデーで人生を生かそう!

   

work2

一度は外国で働きたいと思った事がありませんか?
日本は島国なのでそんなには簡単に外国へ行くことができませんね。

しかし、夢ではなくワーキングホリデーを利用すれば、
あなたの好きな国で働きながら生活ができるんですよ!

もし、あなたが考えているのであれば、ワーホリで思い切って
行ってみてはどうですか。

若いうちしかチャンスはありません。

今回はこのワーキングホリデーについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ワーキングホリデーってなに?

aus1

ワーキングホリデーは二か国の協定により、18歳から30歳までの若い人達が観光を主としながら1年間、
日本との協定国に滞在でき、そしてその間、仕事やアルバイトをしながら生活費を賄うことができる制度なんです。

このような制度は昔はなかったので今は夢のようですね。何しろ外国で働く自体、難しかったんですよ。

労働ビザなんか簡単に取れませんでしたから、この制度はとても良いです。

ところで、通常は原則として1年間の滞在期間を与えられますが、例外としてイギリスは2年間滞在できます。

そして、オーストラリアは延長することによって、2年間滞在できます。

本当に今考えると夢のようです。

このワーキングホリデーの受け入れ国は、もちろん日本人だけではなく、日本人以外の国の人達も受け入れています。

このように他国との若い人達とも接触する機会があり、お互い交流も深めることができますね。

このようなワーキングホリデーの制度を生かして、あなたの人生を見つめ直しても良いと思いますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

もしチャンスがあるならば考えてみてください。きっとあなたの将来にプラスになると思います。

若いあなたがこの日本の島国からどこも出ていかないなんて、もったいないと思いますね。

ryuugaku1

外国を自分の目で確かめてみると、自分自身の考え方が変わってきますよ。未知の世界を経験できます。

【ワーキングホリデーの協定国】

イギリス ・ ドイツ ・ フランス ・ オーストラリア ・ カナダ ・ ニュージーランド ・ アイルランド

デンマーク ・ ノルウェー ・ ポルトガル ・ ポーランド ・ 韓国 ・ 台湾 ・ 香港

以上の14か国です。

【ワーキングホリデーのビザの取得方法】

ビザの取得方法は国ごとによって違います。

【日本にある外国の大使館、領事館よりの発給】

(イギリス・ドイツ・フランス・アイルランド・韓国)

【ワーキングホリデー国の移民局よりの発給】

(オーストラリア・ニュージーランド)


オーストラリア・ニュージーランド・韓国・ドイツなどはいつでもビザの申請ができ、ほとんどの人が取得できます。

● カナダの場合は、年間の発給数が決められていて、早い者勝ちです。

● イギリスは年間1000名を受け入れます。毎年1月に受付し、受付時間は48時間だけです。

各国受付方法が違いますので、間違わないようにしてください。

!その他は、各国の大使館や領事館で確かめてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - ドイツワーキングホリデー ,